COMPANY
企業情報

代表メッセージ

代表の写真

社是:「利他共栄」の実践

弊社の社是「利他共栄」は、お客様はもとより地域社会への貢献を最優先に考え行動し、共に栄えていこうという理念から生まれました。従来の集客スタイルや販促モデルが通用しなくなった今、お客様は多くの難題に直面しています。その困りごとを解決するための行動も、社是の利他共栄が生かされてきました。

お客様の問題解決は、印刷物だけでは出来ません。しかし、印刷をコアにしてWeb・AR・映像に結びつけるクロスメディアの展開や、データ管理・封入封緘・発送業務につなげる付帯サービスを充実させることによって、様々な提案を可能にしてまいりました。まさに、こうしたフルフィルメントの実現こそが、我々印刷業に課せられた使命だと思っています。

創業して72年、業態変革繰り返しながら木野瀬印刷はお客様の信頼を勝ち得てきました。これからも、その歩みを止めることなく「利他共栄」の心でチームキノセは社会に貢献してまいりますので、ご期待いただきますようお願い申し上げます。

代表取締役木野瀬 吉孝

会社概要

写真:会社

商号
木野瀬印刷株式会社 / Kinose Printing Co.,Ltd.
代表者
代表取締役 木野瀬 吉孝
役員
代表取締役 木野瀬 吉孝
常務取締役 木野瀬 将大
取締役 横井 泰介
取締役 木野瀬 翔伍
創業
昭和21年4月
設立
昭和46年1月8日
資本金
2000万円
事業内容
  • ・オフセット印刷物の製造販売
  • ・フォーム印刷物(連続伝票)の受注販売
  • ・各種メディアの企画及び提案
従業員
89名(男43名 女46名) ※パート・アルバイト含む
2021年10月現在
関連会社

KNS株式会社
中部DTP印刷製本協同組合

取引先銀行
  • 三菱UFJ銀行勝川支店
  • 大垣共立銀行勝川支店
  • 瀬戸信用金庫味美支店
  • 名古屋銀行味美支店
本社 / はるる編集室 / ぶるぅむ編集室 / 年賀センター / KNS出版(本社ビル内に併設)

本社

〒486-0958 愛知県春日井市西本町三丁目235番地

0568-31-3118

0568-33-7027

メールアドレス

はるる編集室

〒486-0958 愛知県春日井市西本町三丁目235番地 東館2F

0568-29-6373

0568-29-6376

メールアドレス

ぶるぅむ編集室

〒486-0958 愛知県春日井市西本町三丁目235番地 東館2F

0568-29-6075

0568-29-6376

メールアドレス

年賀センター

〒486-0958 愛知県春日井市西本町三丁目235番地 西館3F

東京営業所

〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町8-2 BIZMARKS日本橋茅場町204号

03-6403-9419

03-3527-2126

プリントセンター倉庫

〒486-0958 愛知県春日井市西本町三丁目266番地

0568-90-1590

沿革

昭和21年
個人組織にて開業
昭和46年
1月 株式会社に改組
昭和52年
春日井市鳥居松町に「自分史・自費出版サポートセンター(コピントセンター)」開設
昭和56年
本社工場を現在地に移転
昭和21年開業
移転当時の本社工場
平成3年
資本金を2,000万円に増額
平成7年
Apple製 Macintosh導入
平成8年
創立50周年
劇団四季「嵐の中のこどもたち」チャリティ公演を開催
平成9年
FUJI XEROX製 Docutech135導入
平成14年
国際品質規格の「ISO 9001」を取得
FUJI XEROX製 Docutech6180導入
中国・遼寧省大連市に「大連光進技術有限公司」を設立
平成15年
アキヤマインターナショナル製 菊全判両面2色機印刷機 Jprint40導入
平成16年
Heidelberg製 A3判片面2色機printmaster QM46導入
年賀センター設立
平成18年
創立60周年
大連光進技術有限公司を交え中国・大連にて記念パーティを開催
自分史・自費出版サポートセンターを本社内に移設
プライバシーマークを取得
平成19年
東京営業所を開設
Heidelberg製 菊全判片面2色機 Speedmaster SM-102導入
大日本スクリーン製 菊4裁判片面4色機 TruePress344導入
FUJIFILM製 CTP出力機 LP-1310H Ⅱ導入
平成21年
年賀センターを「KNS」に改称
平成22年
9月 KNS株式会社を設立
平成24年
3月 KonicaMinolta製 カラーオンデマンドプリンター bizhubPRESS C7000導入
平成25年
1月 FUJIXEROX製 モノクロオンデマンドプリンター D125 Light Publisher導入
2月 春日井 地域みっちゃく生活情報誌®「月刊はるる」創刊
4月 RYOBI製 A3判縦通しオフセット印刷機 3302C導入
5月 Horizon製 自動無線綴じ機 BQ-250p導入
平成27年
2月 小牧・豊山 地域みっちゃく生活情報誌®「月刊ぶるぅむ」創刊
3月 新社屋(東館)竣工
5月 KonicaMinolta製 カラーオンデマンドプリンター bizhubPRESS C1085導入
11月 小森コーポレーション製 A全判ハイブリッドUVカラー印刷機 LITHRONE A37導入
平成30年
6月 東京営業所を移転
12月 3段階目えるぼしマーク認定
12月 Horizon製 中綴じ製本システム Stitch Liner MarkⅢ導入
令和元年
4月 OKI製広幅LEDプリンター LPー1050導入
11月 Horizon製 自動無線綴機 BQ-270V・三方断裁機 HT-30C導入
令和2年
1月 SCREEN製プレートセッター PlateRite 8600NIIーZ導入

木野瀬印刷株式会社 行動計画

男性社員、女性社員共に就業継続し、活躍できる雇用環境の整備を行なうため、次のように行動計画をする。

  1. 1.計画期間:2022年4月1日~2025年3月31日までの3年間
  2. 2.当社の課題
    • 1.女性管理職(課長職以上)が少ない
    • 2.男性社員の育休取得率が低い
  3. 3.目標
    • 1.女性管理職(課長職以上現在1名)を2名以上にする
    • 2.男性の育児休業取得を支援する
  4. 4.取組内容と実施時期
    • 女性社員を対象に管理職育成を目的とした研修・人事考査を実施する
      • ・2022年 6月  キャリアアンケート実施
      • ・2022年 7月  アンケート分析
      • ・2022年 8月  組織編成の見直しに伴い人事考査実施(以降8月と12月に実施)
      • ・2022年10月  研修プログラムを検討
      • ・2022年10月〜 キャリア研修の実施
      父親が育児に参加しやすい環境を整え、育児休業制度の活用推進を行なう
      • ・2022年 4月  育児休業制度の周知活動を実施
      • ・2022年 5月  育児休業制度についての教育
      • ・2022年 7月~ 育児休業取得を可能にするため、人事評価制度の評価軸に全社共通で業務可視化に向けた体制整備を目標設定し、環境整備を継続
Copyrightc KINOSE PRINTING Co., Ltd .All Rights Reserved.

pagetop